大切な家づくり 厚木市


by fpfujiken

カテゴリ:日々( 2 )

帰り道

f0065207_1013111.jpg

本日はお施主様との現場にて仕上げに付いて打ち合わせを終えての帰り道に日も暖かく春の訪れを感じさせる雲が見られました。
by fpfujiken | 2006-02-14 09:55 | 日々

安全だけで大丈夫?

平成15年の住宅火災によって亡くなられた方は、全国で1041人(放火自殺の方は除く)もいらっしゃいます。上の図はその統計を円グラフにしたものです。グラフを見て頂くとわかりますように、全体の約7割の方が逃げ遅れたために亡くなられています。(円グラフでピンクに塗りつぶされている部分です)

火が広まる前に1秒でも早く火に気がついて逃げられるように、平成18年6月1日から住宅用火災警報器等の設置が義務化されます。(厚木市において。対応は市町村ごとに違いますので、詳しくはお住まいの市町村へお問い合わせください。)既存住宅においても、平成23年5月31日までに設置が必要になります。

藤建ホームでは、もう一歩深く考えます。確かに警報器をつけることで法律的には認められます。でも、グラフを見てみると逃げ遅れた方の中には、病気で動けない方、お体が不自由な方や乳幼児など、火に気がついてもすぐに逃げられない方が多く含まれています。設置において、火に気が付くだけでなく施主様が無事であること、これが大事なのです。だからこそ藤建ホームではスプリンクラーの設置をおすすめしています。すぐに動けない方が安心できるように。


f0065207_9462121.gif


上の写真は、岩手県にある千住スプリンクラー株式会社さんの研究所前で撮ったものです。千住スプリンクラーさんのスプリンクラーは全国の7割のシェア率を誇っています。厳しい性能のチェックに合格した住宅でないと使えません。FPの家は性能の良さを認められて扱えるグループです。FPグループの代表でこちらの工場を視察に、社長自ら訪問しました(写真中央)。一緒に写っているのはFPグループの住まい工房 ナルシマさん(左)と工藤工務店さん(右)です。

『安全だけではなく安心』を求め藤建では標準仕様化に向けて検討中です。
by fpfujiken | 2006-02-04 13:00 | 日々